関連作品の歴史
バトルシティー関連作品の歴史 トップページに戻る


バトルシティーはタンクバタリアンを起源とするナムコ製固定画面型タンクシューティングの2作目です。

1980年10月 タンクバタリアン (アーケード)
ナムコ製固定画面型タンクシューティング3部作の1作目。
トップビュー固定画面、敵タンクを全て破壊でステージクリアー、指令部を破壊されると即ゲームオーバーなど、基本的なシステムはこのタンクバタリアンで確立した。

1984年12月 グロブダー (アーケード)
誘爆やバリア等により戦略的なプレイが可能な亜流作品。

1985年09月 バトルシティー (ファミリーコンピュータ)
ナムコ製固定画面型タンクシューティング3部作の2作目。
2人同時プレイ、自機のパワーアップ、マップコンストラクション機能等が追加され、システム的に完成されたタンクバタリアンの進化作品。

1987年07月 ブレイザー (アーケード)
クォータービュー(斜めスクロール)を採用した亜流作品。

1988年04月 アサルト (アーケード)
トップビュー自由スクロール。2本のレバーで自機を操作する。亜流作品。

1991年12月 タンクフォース (アーケード)
ナムコ製固定画面型タンクシューティング3部作の3作目。
敵タンク、地形パターン、自機のパワーアップパターンを追加したバトルシティーの進化作品。
Wiiバーチャルコンソールに移植される予定がある。

その後、FPS(TPS)タイプのタンクシューティングとして、
サイバースレッド(1993)、サーバーコマンド(1995)、トーキョーウォーズ(1996)、
期間を空けて、タンくる(2008)、タンク!タンク!タンク!(2009)等が登場している。

ナムコはタンクシューティングゲームがお好きな模様 (^_^;)

トップページに戻る