思い出のゲーム機達
管理人の思い出のゲーム機を紹介 トップページに戻る

ファミリーコンピュータ
家庭用カセット式ビデオゲームファミコンの箱 ファミリーコンピュータ本体
保存状態マズマスのファミコン本体箱。
1985年10月20日15時45分ディスカウントショップにて購入。
同時購入ソフトはナムコ社製のゼビウスでした。

何の変哲も無いファミコン本体だが、
左上にヒョッコリ見えるコネクタは普通じゃありません。


ファミコンAV出力改造 ファミコン コントローラー
AV出力端子付きに改造してあるので
RF端子の無いテレビにも接続可能でクリアな画像で遊べる。
コンポにも繋がるから迫力?のサウンドが楽しめるのさ!
スナップスイッチはAV出力のオン・オフ切り替え用です。

すっかり錆サビのコントローラー。
これでも以前交換したことがあるので二代目なんです。





ファミリーコンピュータ ディスクシステム
ディスクシステムの箱 ファミコン・ディスクシステム合体図
保存状態マズマズのディスクシステム本体箱。
購入は1986年頃?あまり使わなかったから覚えてません。
「任天堂の周辺機器はハズレが多い」伝説を作った一品。

ファミコン ラムアダプター ディスクシステム接続図。
ディスク挿入口には輸送用の保護シートが挿入されてます。



NEC-HE PC-Engine CD-ROM2 System
PC-Engine CD-ROM Systemの箱 PC-EngineとCD-ROM Systemの合体図
NEC-HE PC-Engine CD-ROM2 Systemのデカイ箱。
ファミコン全盛の時代に540メガバイトの大容量と
音声合成でない生音声、生音楽は革命的な存在だった。
発売当初は高価な本体価格と貧弱なソフトで苦戦したが
イースI・IIの発売により認知度が次第に上昇していった。

PC-EngineとCD-ROM2 Systemの合体図
右側に固定されてる四角いのがPC-Engineの本体です。
PC-Engine 1987年10月30日発売 2万4800円
CD-ROM2 System 1988年12月4日発売 5万9800円
1991年以降に廉価版DUOシリーズが発売された。

PC-Engine CD-ROM System Super System Card
フタを閉めるとサッパリします。
上面にはトッテが付いていて持ち運びに便利。
気合があればポータブルCDプレイヤーにもなりました。

PC-Engine CD-ROM2 System用Super System Card。
BIOSを搭載したHu-CARDで他にも数種類発売された。
プックリと厚みがあってポピュラスみたい。



セガ メガドライブとMegaCD
セガ メガドライブの箱 セガ MegaCDの箱
PC-Engineの1年後に登場したSEGA MegaDriveの箱。
国内では苦戦したが、海外では任天堂を越えていて、
その影響か洋ゲー(海外製ゲーム)の発売比率が高い。
ガンスターヒーローズやサンダーフォース等の
アクション・シューティングゲームを得意としたゲーム機。
1988年10月29日発売 2万1800円

これまた大きなMegaCDの箱。
2軸回転機能、拡大・縮小機能、2重スクロール機能など
いろんな機能がテンコ盛りされていた。(私も機能好き)
サンダーホークや動画&ポリゴン系のシルフィードは
MegaCDの性能を引き出した数少ない貴重なソフトだった。
1991年12月20日発売 4万9800円

メガドラとMegaCD合体図 メガドラ16BITロゴ
MegaDriveとMega-CDの合体図。
デカイけどカッコ良い。しかもフロントローディング式です。

メガドラと言えば、ゴールドに輝く16BITロゴ。
メガドライバー(メガドライブマニアの人)のシンボル。



任天堂 バーチャルボーイとNEC-HE PCEngine GT
任天堂バーチャルボーイ バーチャルボーイ コントローラー
立体映像でプレイできるゲーム機バーチャルボーイ。
ファミコン3Dシステムはカラーだがこちらは赤色4階調。
雑誌等ではチープに見えるだけで実物でプレイしないと
立体映像の良さがまったく分からないのが弱点だった。
結局国内では19本のソフトしか発売されずに消滅。
1995年7月21日発売 1万5000円

バーチャルボーイのコントローラー。
立体映像ゲーム機だけあって十字キーが左右2つある。
上の写真では見えないが裏側にはボタンが2つある。
ファミコン世代の私としてはプレステの分割十字ボタンより
任天堂式の十字キーの方が好きだったりします。


バーチャルボーイ接眼部 PC-Engine GT
ここに顔を付けてゲームをプレイするので
自分だけの世界に没頭することができる。
もっと多くのメーカーが参入すればブレイクしたかな・・・


携帯版PC-EngineのGT。(連写速度切り替え機能付)
GTとはGAME & TVの略だとか。(別売りTVアンテナ有)
液晶の解像度が低いので文字を読むのは難しかった。
1990年11月10日発売 4万4800円

バーチャルボーイとPC-Engine GT
バーチャルボーイとPC-Engine GTを並べてみました。
販売台数は両方合わせても100万台には遠く及ばないんだろうな・・・


トップページに戻る